忍者ブログ

2018/05/20 (Sun)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/12/09 (Wed)
「あなたのアーティクルが加速する3つの理由」
日記
あなたは、まだきっと記事という新しいコンセプトが本当に受け入れられるのか不安に思っているのではないでしょうか?
でも大丈夫です。安心して下さい。今から私がお話する3つの理由を聞けばきっと納得出来るでしょう。



その1:2007年には、記事ディレクトリが次から次へと立ち上がります。
そう、検索エンジンがヤフー1つでは済まなかったように大中小と様々な規模様々なテーマで記事ディレクトリが乱立します。

つまり一度あなたの書き上げたアーティクルは2度でも3度でも再利用が可能となります。
貴方のアーティクル露出度とバックリンク数増加の可能性は、100倍にも1000倍にも膨れ上がります。


その2:アーティクル活用ノウハウ、ソフトやスクリプトが次々登場します。
この事が何を意味するのでしょうか?これは、パブリッシャー(発行者)の数が膨大に膨れ上がる事を意味しています。
アーティクルを利用する事のメリットをより深く理解し、より簡単に活用出来る環境が急速に配備されます。


その3:検索エンジンインデックスの限界を超える。
私は、良くこんな話を耳にします。「ブログで一度書いたアーティクルを再利用しましょう。」
はい、これはとても良い事だと私は思います。複数のブログサービスとドメインを所持しアーティクルと投稿していくという方法です。
何故このような事が流行り出したのでしょうか?

その答えの一つは、グーグルインデックスにあります。
キーワード検索された時に表示される検索結果出力ページがありますが、このページに表示される時にキーワードマッチしたページを貴方が複数所有していたとしても表示されるのは1度メインに付き2つまでと決められているからです。
つまり、どんなに頑張っても検索結果のページ内に表示される貴方のページ数は2つが限界という事になります。
これを回避する為に複数ドメインでの展開が注目されるようになってきました。



さて、話をアーティクルに戻すとしましょう。

あなたのアーティクルが沢山の人に利用されるようになったらどうなりますか?
ちょっと想像してみて下さい。

これは、パブリッシャーの方々にとっては悪い表現方法かも知れません!

あなたは、お金をかけずに無制限で沢山のドメインを占拠してしまう事が可能となるわけです。
そう、貴方のハイクオリティーなアーティクルをパブリッシャーは、使わずに要られなくなるというわけです。

貴方の書き上げたアーティクルは、複数のドメインを跨ぎ検索エンジンインデックスの限界を超え隅々まで浸透していく事でしょう。
PR