忍者ブログ

2018/05/20 (Sun)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/12/24 (Thu)
「オンライン・ビジネスをダメにするWebデザインの6つの間違い」
日記
非常に好調なホームページもあれば、まったくぱっとしないホームページもあります。
この違いは何なのでしょうか。
成功しているホームページは何がよくて、不振なホームページは何がよくないのでしょう。

答えを推測するのは、そう難しいことではありません。
よくある非常に多くの間違いが、インタネット・Marketerの運命をとざし、その夢をだいなしにしているのです。
ここでは、そのうち、何としても避けていただきたい6つの間違いを紹介しましょう。


1.読み込みに時間のかかるウェブサイト
読み込みがなかなか完了しないウェブサイトほど、いらいらするものはありません。最近では、ほとんどのインタネット・利用者が高速接続を利用しているとはいえ、低速な56K回線でWebに接続しているユーザーも少なくありません。こうした利用者を軽視しないでください。ホームページを構築するとき、サイズの大きいグラフィック・ファイルを使用するのはやめましょう。ピクセル数を増やす必要はありません。派手なムービーも、フラッシュ・連続画も、注意を惹きつけるための音楽も必要ありません。必要なのは、的確な情報を瞬時に伝えるホームページです。デザインより、機能を優先させてください。


2.非常にわかりにくいナビゲーション・システム。
メニューバーが複雑すぎると、多くのアクセス者を逃してしまいます。せっかくアクセスしてくれても、1つのページしか見てもらえないのでは意味がありません。アクセス者が、ホームページ内を簡単に移動できるようにする必要があります。まず、ページどうしを論理的にリンクしてください。さらに、7歳の子供でも理解できるわかりやすいインターフェースを設け、ページ間を簡単に移動できるようにします。ここでもやはり、優先させるべきは、デザインではなく機能です。ナビゲーション・リンクは、ページ最上部、ヘッダーの右下に配置してください。あるいは、ページの左側または右側に独立した欄として配置します。これらは、アクセス者がホームページの他のページに移動しようと思ったとき、まず最初に目がいく場所です。


3.質の低い記事
インタネットで最も重要なのは記事です。人々は必要な情報を求めてインタネットに接続し、その情報は記事として提供されます。下手な文章で書かれている記事を、誰ががまんして読んでくれるでしょうか。記事に独自性がなかったら、数多いホームページの中から、自分のウェブサイトを選んでもらうことはできません。良質な記事であるためには2つの条件があります。優れたプレゼンテーションとオリジナリティです。どちらか一方でも欠けていたら、ウェブサイト全体が危うくなってしまいます。


4.不適切なキーワードの選択。
ウェブサイトへのアクセスを増やすには、キーワードが大きな役割を果たします。キーワードとは、利用者が情報を検索するときに入力する用語です。適切なキーワードを選択していれば、良質なアクセス者が数多くやってきます。キーワードが不適切であれば、アクセス者はほとんどやってきません。できればウェブサイトを構築する前に、適切なキーワードを見つけてください。


5.ありきたりのウェブサイト
これもオリジナリティのいざこざです。つまり、独自性が不足しているのです。同じようなレイアウト、同じような記事ウェブサイトが何千とある中で、あなたのウェブサイトを選んでもらうことができますか?あなたのウェブサイトの特長はなんですか?これらの質問にはっきりと答えられなければ、あなたのオンライン・ビジネスは見込みがありません。さらに、重複する記事検索エンジンによってペナルティを課せられ、検索結果での掲載位置が低くなってしまいます。


6.まとまりのないウェブサイト
ウェブサイトをデザインする上で重要なのは、テーマを絞ることです。1つのウェブサイトで、関係のない複数のトピックを扱うのは簡単ではありません。「犬」について知りたいと思っているアクセス者が、天文学に興味を示すでしょうか。これら2つのテーマには何の関係もありません。それでも、これらのトピックを扱いたいという場合は、先々かなり難航するものと覚悟してください。


以上の間違いはぜひとも避けてください。
あなたのオンライン・ビジネスは、ウェブサイトが成功するかどうかにかかっています。
ここで少し、ウェブサイトの構築方法を見直してみませんか。
PR