忍者ブログ

2018/02/22 (Thu)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/01/17 (Sun)
「何故カメラのレンズは正面を向いているのか?」
日記
私はこの頃、世界中の人が考えるカメラの常識にウンザリしている。
それは、カメラのレンズがどれもこれも皆、正面を向いているからである。



「実用性の追求は、遊び心を潰してしまう事がある」

技術革新は、人間の耐える事の無い強く、わがままな欲求が支えている。
ディジタルカメラの普及と、それを支える技術革新、高機能化には、目を見張るものがある。
現在では、無料契約出来る携帯電話にカメラが付いてるのも、常識化してきている。

話を元に戻すと、実用性や機能の充実化にばかり目を奪われると、美学や遊び心が失われてしまいがちになる。
使い難くても楽しい物や、それ本来の機能が全く役に立たない物がストレス社会の現代人に別の好影響を与える事だってあるはずだ。



「こんなカメラが欲しい」

私が、欲しいと思っているカメラとは、こんな物だ。



「ツインレンズカメラ」

1:レンズが2つ付いている(正面には向かない)
2:2つのレンズが別の方向を向いている
3:別の角度に向けられた2つのレンズから同時に2枚の写真を撮影する



「視点がずれるカメラ」

最近主流のディジタルカメラの売りは「ぶれない」事。
これを売りにすると機械音痴が多いと云われる女性のレスポンスが非常に高いという事だ。

私が欲しいカメラは、プロのカメラマンが構えてもピントがズレるカメラだ。
勝手にレンズの向きを変えてくれたりするともっと楽しいかもしれない。



「シャッターのタイミングがずれるカメラ」

ディジタルカメラのシャッター技術も非常に進歩した。
昔の物は、シャッターが下りるまで非常に時間の掛かったが、最近の物は、非常に高性能で押した瞬間にカシャッとシャッターが下りる。

私が、欲しいカメラとは、シャッターのタイミングがずれるカメラだ。

「ハイ、チーズと声を掛けシャッターを押す」

「ダミーのシャッター音がカシャと鳴る」

カメラの前に立つ貴方の友人がキメポーズを取り、シャッター音の後、ホッと一安心。
そのタイミングで本当のシャッターがカシャ!
PR