忍者ブログ

2018/02/22 (Thu)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/12/20 (Sun)
「インタネットマーケティングにおける各種権利について」
日記
デジタル製品には、まず間違いなく、さまざまな種類の権利が付加されています。
デジタル製品を最大限活用するためには、これらの権利をすべて把握しておかなければなりません。

インタネットマーケッティングではさまざまな種類の権利が利用されていますが、驚くべきことに、これらの権利をいまだに混同しているインターネットビジネス関係者がたくさんいるのです。
このコンテンツは、こうした不安を解消することを目的としています。
これらの権利について理解することが、この業界で成功するための大きな鍵となります。


基本的権利(ベーシックライト)

このうち、おそらく最も一般的なのが基本的権利です。
基本的権利は、製品注文者が、その製品を個人的に使用できることを保証する権利です。
「個人的な使用」には、その製品を利用するにあたってのすべての収益、およびその製品のすべての機能を使用する権利が含まれます。
ただし、これらの権利を享受できるのは製品注文者だけです。

基本的権利を伴う製品は、有償無償を問わず、他者に譲渡できません。
有形製品と異なり、デジタル製品は再販が許可されていません。
もしデジタル製を再販できるとなれば、オンライン経済が破綻してしまいます。
一度販売すれば、そのデジタル製品がありとあらゆるインタネット・ユーザーの手に渡り、製品制作者が大損害を被ることになります。


リセールライト

一方、再販権付き製品の注文者は、その製品の基本的権利を行使すると同時に、その製品を販売して利益を得ることができます。
ただし、リセールライトにはいくつかの制約があります。

#いかなる方法でも、製品を改変することはできません。
#その製品の基本的権利のみを販売できます。
#その製品の著作権は、引き続き、その製品の作成者が所有します。

リセールライト付き製品は、基本的権利のみの製品より高い価格で販売できます。
リセールライト付き製品は買い手に利益機会を与えるものであり、価格に差があって当然、という理由からです。


マスター再販権

マスターリセールライト付きの製品は、本格的なインタネット・マーケッターに適しています。
これらの製品には、基本的権利、その製品を販売する権利、およびその製品を再販権付きで販売する権利が与えられています。

これに伴う制約は、再販権付き製品の場合と同様です。

ただし、マスター再販権付きの製品は、利益を得る可能性が高くなります。
再販権付きでの販売が許可されているので、より高い価格を設定でき、その結果、会社としての収益幅が大きくなります。

もちろん、マスター再販権付き製品に大きな収益を期待できる場合は、価格が高くても売れる可能性があります。


プライヴェートレーベルライト

プラィベートレーベルライト付きの製品は、極めて本格的なインタネットマーケターに適した権利です。
プライベートレーベルライトでは以下の権利が保証されています。

#その製品を自分自身の製品として扱う権利
#その製品を自由に改変する権利
#その製品を自由に使用する権利
#その製品を販売する権利
#その製品を再販権付きで販売する権利
#その製品をマスター・リセール・ライト付きで販売する権利
#その製品を無償で配布する権利

これらのライセンスは、オンライン・ビジネスについて考えられるあらゆる側面を網羅しています。
プライベート・レーベル・ライト(PLR)付きの製品が常に高い人気を得ているのは、そのためです。



結論

再販権、マスター・リセール・ライト、およびプライヴェート・レーベル・ライト付きの製品は、オンライン・ビジネスにとって極めて重要な権利です。
これらの権利は、以下の基本的な要件を一度に解決してくれます。

#必要な記事を入手する
#必要な製品を入手する
収益を確保する

これらの要件を満たすにあたり、一から対策を立てる必要はありません。
適切な種類の権利を備えた製品を入手すれば、すべてのトラブルを瞬時に解決できます。
PR