忍者ブログ

2018/02/22 (Thu)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/12/22 (Tue)
「オンラインビジネスの範囲拡大に役立つ7つの方法」
日記
小さな町を中心に営業している小売店と、国内各地に多数の店舗を持つ大型ストア。勝算があるのはどちらでしょうか?

また、小さな国内でのみサービスを提供している通信会社と、世界規模で事業を展開している大手モバイル通信会社ではどうでしょう。

ビジネスは、対象範囲をいかに拡大するかにかかっています。
守備範囲が広がれば、市場もそれだけ大きくなります。
市場が大きくなれば、収益増加の可能性が高まります。

インタネットビジネスにも同じことがいえます。
対象範囲を拡大し、露出を増やさなければなりません。

Webの力を最大限利用すれば、世界全体を市場にすることも不可能ではありません。
この可能性を現実のものにするには、どうすればよいのでしょうか。


ここでは、インターネットビジネスの範囲拡大に役立つ7つの方法を紹介します。


1.独自のメルマガ生成する。
メルマガは、ユーザーの関心を惹きつけ、ハウスリストに登録してもらうための手段として頻繁に利用されています。利用者が登録してくれれば、その後のフォローアップ活動を通じて、将来の売り上げに結び付けたり、ホームページへのアクセスを誘導したりすることができます。この戦略の目的は、単に日々のトラフィック数を増やすことではなく、リピーターを増やすことにあるので、オンライン・ビジネスの範囲拡大に役立ちます。さらに、メルマガの質によっては、ウェブサイトアドバタイジングするための強力な武器になります。


2.アーティクルMarketingを導入する。
アーティクルMarketing、つまり、リソースボックス(署名欄)を追加したアーティクルアーティクル)をインタネット上の多数のアーティクルディレクトリに投稿する手法は、近年考案された中で最もパワフルなマーケティング戦略として注目を集めています。アーティクルディレクトリには、毎日たくさんの利用者アクセスします。あなたの名前で有益なアーティクルを執筆し、ウェブサイトのURLをアドバタイジングすれば、インタネットビジネスに必要なアクセス者を誘導できるだけでなく、そのカテゴリーの正当なエキスパートとして、あなた自身とその会社の信頼性を高めることができます。


3.自分自身のブログを管理運営する。
一般に“ブログ”として親しまれ、優れたマーケティング・ツールでもあるウェブログの主な特長の1つは、その相互接続性にあります。ブログには、それぞれ熱心な読者がついています。さらにブログ・オーナーは、他のブログサイトに登録したり、リンクを設定したりして、読者層を拡大することができます。


4.ソーシャルネットワーキングのウェブサイトを活用する。
実のところ、それは多くの人たちが、デートの相手を探したり、仲間を募るなどの社交目的でインタネットを利用しています。そのため、“出会い系”のホームページはいつでも大人気です。もともとは出会い系サイトが発展し、現在のように、ソーシャル・ネットワーキングホームページとして知られるようになりました。この種のホームページをうまく利用すれば、オンラインビジネスアドバタイジングするための格好の手段になります。たとえば、www.myspace.comは、今最も注目を集めているソーシャル・ネットワーキング・サイトであり、人気の高いホームページの1つです。信頼できる調査によると、現在このホームページは、Googleの2.5倍のアクセス数を獲得しています。


5.ヴァイラル(自己増殖型)マーケティングを目指す。
ヴァイラルマーケティングは、buzz.com/?a_aid=3fee2ff9 target=_blank>バイラル広告のオンライン版です。クチコミ製品 - たとえば、有益な情報を収録したイーブックなどに、あなたのオンライン・ビジネスのURLを追加し、ネットワーク上で無料で配布すれば、世界中の人々へ、あなたのビジネスメッセージをネズミ算式に広めることがでます。


6.リンク獲得のための投資を惜しまない。
リンクを獲得する最善の方法は、独自性の高い優良なアーティクルを提供することです。これによって、他のホームページからあなたのページへのリンクが増加し、結果として、あなたのオンラインビジネスの露出を増やすことができます。


7.デジタル製品を有形化する。
オンライン世界は確かに巨大ですが、目を向けるべきはこの世界だけではありません。従来の形式を望んでいる顧客も大勢いることを忘れないでください。たとえば、お気に入りの本を、モニターモニターではなく、ベッドの中で読みたいと思っている顧客もいるのです。つまり、デジタル製品を有形化すれば、市場のかなりの部分を獲得できることになります。書籍は印刷し、スクリプトやプログラムはCDに収録します。オーディオ製品やヴィデオ製品は、CDまたはDVD形式で配布してください。
PR