忍者ブログ

2018/02/22 (Thu)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/12/31 (Thu)
「ディジタル商品を現物化することを考えたことがありますか?」
日記
ディジタル製品はオンライン読者に提供されます。
ディジタル製品の機能は、簡単に配信でき、コンピュータで利用できる製品、および即座に支払いができる製品を必要としているオンラインユーザー向けに作られています。
ですから、eBookや特別レポート、およびアーティクルだけでなく、ソフトウェアオファリングのようなスクリプトやプログラム、また電子カバーやその他画像のようなグラフィックデザインなどの情報製品には、インタネットマーケッティング担当者のほとんどが常に注目しています。

けれども現状では非常に制約があります。
WWWは巨大ですが、それでも限りがあります。
実際のところ、多くの人々は、手で触れる形のあるものが欲しいのです。
ですから、自分たちの端末に表示されただけの製品には非常に躊躇するのです。
実際に家に持ち帰ることのできるものが好まれるのです。

これが、ディジタル製品を具体的な商品にしようという新たな試みが出現する理由です。
プロセスは考えているほど難しくはありません。


ディジタル製品が常に業界を規定する理由

何年もの間、インターネットビジネスマンは物的製品を提供することを避けてきました。
それには以下のようなさまざまな理由があります。

#物的製品は保管場所を必要とし、すべての企業家がそのような場所を確保できるとはかぎりません。たとえば在庫は家全体ほどの広さを必要とします。そのような広さを提供できなければ、難しい状況になるでしょう。

#物的製品は梱包して出荷する必要があり、そのための資金が必要です。そして、その費用がより高い販売価格となって消費者に転嫁されるのです。より高い販売価格では競争力がありません。

#物的製品は生産にかなりの費用がかかります。1セントも使うことなく(必要なスキルとツールはすべて持っていると仮定して)製作できるディジタル製品とは異なり、物的製品はそのような利点もありません。

#物的製品はいずれは消えてなくなりますが、ディジタル製品はなくなりません。

けれどもパラダイムシフトが起きているのは明らかです。
今日の技術と新しいサービスによって、物的製品はインターネットビジネスでも利益のあるオプションになっているのです。


物的製品で成長するインタネット

ますます多くのインターネットビジネスマンが、ディジタル商品の物理版を提供することによって、より多くの人々にまで行き渡らせることができるということに気づいています。
先に説明したように、多くの人々がまだ手に触れることのできないものを注文することに躊躇しています。
そのような人々に物的製品を提供すれば、その人たちに認めてもらうことができるでしょう。

また物的製品は人から人へ渡すことができるので、見込客にとっては非常に興味がそそられるものとなります。
あなたが販売する物的製品にウェブサイトへのリンクを載せることによって、物理的なものという利点を生かすことができます。
結果は?
オフラインから掘り起こされる直接の訪問を獲得することになるでしょう。


ただし物的製品の作成には制限が多い?

この時代において物的製品を作ることは、以前ほどにはトラブルではありません。
すでに開かれている多くの成功への道があり、物的製品を生産することは、すべてのインターネットビジネスマンにとって実に有利なオファーになっているのです。


どのような成功への道があるのでしょうか。

eBookや特別レポートのような情報製品は、最小限の購入もすることなく必要に応じて印刷することができます。ソルーションはwww.lulu.comを見てください。

#ソフトウェアやスクリプトのようなソルーションは、CDやDVDのようなさまざまなディジタル媒体に保存することができます。

#音声や映像製品はCDやDVDに書き込むことができるため、顧客にダウンロードさせないようにすることもできます。そうでない場合には、このような製品を楽しむためにダウンロードが必要です。


こうした新しい成功への道によって、あなたのインターネットビジネス収益率を上げてくれる新しい戦略が考え出されているのです。
PR