忍者ブログ

2018/08/20 (Mon)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/01/29 (Fri)
「私のアーティクルが加速し始めた事実」
日記
クチコミ記事がランチしてからまだ間もないこの時期ですが、私は自分のアーティクルがどれくらい利用されているのか気になってきました。

そこで複合検索を使って大まかな数値を計測してみる事にしました。
検索キーワードには、記事のタイトルと署名欄のサイト名を使ってみました。

検索してみた結果最も多く使われている記事は、すでに50件程度のユーザーを確認出来ました。
実際には、ソーシャルコミュニティの内部など閉鎖的なウェブサイトの中で使われているケースや、バックナンバー非公開のメルマガ、ステップメールで配信されるケースなども考慮するとすでに100以上の利用者があったと仮定してもおかしくないと思います。


記事あたりの平均利用者数を計測するには数値的にも、まだまだ不足しています。

そこで、記事の露出度を計測する為には、最先端の英語圏で調査する必要があると考えました。


英語圏で人気の高い記事ディレクトリにEzinearticles.comというサイトがあります。
http://ezinearticles.com/


このサイトのトップアーサーアーティクル数と検索結果をチェックしました。

11月6日現在
1位 Lance Winslow氏  10,001 Articles

次に、このサイトのトップアーサーであるLance_Winslow氏の大まかな露出度を調査しました。


下記URLは、Lance_Winslow氏の記事をグーグルで検索した結果です。
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=expert%3ダウンロードance_Winslow&num=50

11月6日現在
全世界で51,900ページがインデックスされています。



この調査結果から、1記事あたり5~10人程度の利用者数は、難しくない数値だという事がお分かり頂けるはずです。



Ezinearticles.comというサイト名から推察すると、このサイトでは、メールマガジンやステップメールでの使用を主体としたパブリッシャーが多いのでは無いかと思います。

この事から仮定すると、実際には、これよりも多くの利用者が存在するのだという事が十分推測出来ます。
PR