忍者ブログ

2018/11/18 (Sun)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/02/01 (Mon)
「電子メール・マーケティングの概要」
日記
ご存じでしたでしょうか。
最初のコンタクトで製品を買おうと決めるのは、なんと見込み客の1%未満にすぎません。
最初のコンタクトとは、見込客があなたのセールス・ページを最初に読んだとき、あるいは、オンライン・ビジネスの内容を見込客に初めて紹介したときを指しています。
インタネットは、その繁栄にかかわらず、依然として匿名が主流の世界であり、その結果として不信感はぬぐいきれません。
たまたま見つけた会社をそう簡単に信用できないのも、無理はありません。

一方、3~8回のコンタクトで製品を注文した顧客が全体の70%を上回っているのです。
つまり、苦労して稼いだお金で製品を注文してもらうためには、あなたの会社についての情報を見込客に3~8回、目にしてもらう必要があることになります。


質問:見込客に2回以上接触するには、どのような方法があるでしょうか。

回答:効果的なEメールMarketing販促を企画します。


EメールMarketingキャンペーンとは

電子メールマーケティング販促は、トラフィック者から営業情報を収集するための戦略です。
決して終わることのない継続販促です。
その目的は、登録を促して信頼関係を築くと同時に、製品情報を見込み客に知らせることにあります。

電子メールマーケッティング販促は以下の工程に分けることができます。

1.アクセス者がオプトインリストに登録できる情報収集ページを作ります。
2.自分の会社を信用してもらい、最終的には製品を注文してもらうことを目的に、ハウスリストのメンバーへ一連のメッセージを送信します。
3.あなたがアドバタイズメントを担当している提携製品であろうと、あなた自身の製品であろうと、ハウスリストのメンバーにオファーを送信します。

電子メールマーケッティングキャンペーンとはいえ、製品注文を説得するメッセージばかりではだめです。
メッセージは、取り扱い製品に関する貴重な情報を伝える必要があります。
そうでなければ、どのメッセージもすべてアドバタイズメントだと思われてしまいます。


電子メールマーケッティングキャンペーンの中核

電子メールマーケッティングキャンペーンの中核になるのは、優れた自動レスポンスサービスです。
自動レスポンスサービスは、電子メールマーケッティング販促を可能にするエンジンです。
オンライン・ビジネスで、優れた自動レスポンスサービスが実行する機能は以下のとおりです。

見込み客カテゴリーごとにオプトインリストを参照する。

#準備されたメッセージをシステムに取り込み、指定した間隔で配信されるようにする。

アクセス者が登録する際、アクセス者の連絡先情報を収集する。

#メッセージを一括送信する。または、個人的なメッセージを特定の受信者に送信する。

#スパム防止機能により、メッセージの配信率を高め、スパムについての要求から保護する。

#必要であれば、ダブル・オプトイン機能により、スパムのクレームが発生した場合に備える。

つまり、自動レスポンスサービスがなければ、電子メールマーケッティング販促は成り立たないのです。


アーティクル

では、メッセージの内容はどのようなものがよいのでしょうか。

最終的な目標は売上を獲得することですが、製品注文を勧めるメールを次から次に送ることは避けなければなりません。
これは大切なことです。
どのようなメッセージをオプトインリストに送信したらいいかについては、コツがあります。

まず、次の基本的なやり方を試してください。
最初の3つのメールは、見込み客にとって価値のある内容にしてください。
無料で差し上げます、や、見込み客に喜んでもらえる、役に立つ内容にしてください。
4度目のメールではじめてオファーしてください。
それで売上を獲得できるかもしれないし、できないかもしれません。
5~7番目のメールでは、ふたたび無料で差し上げますとか価値のあるものを提供する内容にしてください。
8番目のメールでもう一度オファーしてください。

こういった感じで続けてみてください。

ここでのポイントは、販売するという内容ばかりにして、見込み客をがっかりさせないことです。
販売するまでに少し時間をおいてください。
信頼を獲得することです。
あなたが気前のよい人だと思わせてください。

ほどなく、見込み客はあなたのオンライン・ビジネスを信用するようになります。
信頼を獲得することが顧客獲得へとつながるのです。

PR