忍者ブログ

2018/08/20 (Mon)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/01/22 (Fri)
「忌まわしいライターズブロックを克服するための7つのヒント」
日記
アーティクルMarketingの時代がやってきました。
ホームページへのバックリンクを急激に増やすことのできるアーティクル(アーティクル)は、強力なMarketing手段となっています。
アーティクルマーケッティングキャンペーンがうまくいけば、その効果は計りしれません。
外部からのリンク数が増え、ページランクが上がり、検索エンジンで上位に表示されるようになります。さらに、トラフィック者が増え、取り扱い製品の信頼性も向上するでしょう。

最近、多くのWebマスターがさかんにアーティクルを執筆し、Web上の多数の記事ディレクトリに投稿しているのもうなずけるところです。

そして、その当然の成り行きとして、これまで何世紀にもわたって作家たちを悩ませてきたトラブルが、まったく新しい世代にもふりかかってきました。
ライターズブロックです。

ライターズ邪魔とは、書くべきアイディアが何も浮かばず、どうがんばっても書き上げることができそうにない状態を指しています。

こんなときは誰でもいらいらするものです。
しかし、この状態を克服するための確かな方法があるのです。

ここでは、そのうちいくつかを紹介しましょう。

1.複数の記事を執筆しなければならないときは、ウィンドウを2つ開き、それぞれのウィンドウで別々の記事を書き始めます。一方の記事に行き詰まったら、もう一方の記事に移りましょう。気分を切り替えて新しいトピックを執筆すれば、時間を有効に活用できます。また、新しいトピックを書き始めることで視点が新たになり、再び創造力がわいてきます。


2.記事をいくつかの構成要素に分割します。基本的に記事は、序文、本文、結論の3つの部分で構成されます。いずれかの構成部でアイディアに詰まったときは、とりあえずそのままにして次の構成部に移ります。その後、書き残した個所に戻り、後続の段落とうまくつながるようにしてください。この方法なら、いつまでも考え込んでいることなく、常に前へ進むことができます。


3.ときどき休憩を取りましょう。何時間も続けて執筆するのは、精神的にも、肉体的にも、非常に疲れるタスクです。心と体を十分休めてから、もう一度キーボードに向かいましょう。休息をとった後は、再びやる気がわいてきます。


4.何も書けないような気分に陥った場合、考えられるのは、その題材についての理解が不十分であり、取材工程をとばしてしまっていることです。まずは、取材してください。誰でも“インプット”がなければ何も書けません。書こうとしている題材についての情報を頭に入れる必要があります。この情報がなければ、執筆仕事がうまくいくはずはありません。


5.身の回りのことからインスピレーションを得ます。身の回りといっても、大衆文化のことではありません。たとえば、花びらのしずくや、遊んでいる子供たちの笑い声など、何気ない日常の様子からインスピレーションを得ることができます。身の回りのあれこれをよく観察してみてください。想像力をかき立てられることに驚くでしょう。


6.書く力は、読むことで培われます。優れた文章を書くには、まず読まなければなりません。とにかくたくさん文章を読んでください。さまざまな文章スタイルに触れ、さまざまな表現方法を学んでください。語彙を増やすことも重要です。ピンチに陥ったとき、こうした経験が必ず役に立ちます。


7.自分の文体を見つけます。自分の意見を伝えるための文体が見つかれば、一気に書き上げることができます。読み手に語りかけるような会話体でもよいですし、第三者の視点で記述するナレーション形式でもかまいません。自分自身の体験を読み手と共有する自伝体という手法もあります。書き始める前に、自分の文体を見つけてください。適切な文体が決まれば、きっとうまく書き進めることができます。


以上は、誰もが一度は経験するスランプ状態から抜け出すためのヒントです。
これらのヒントをよく読んで、“ライターズ邪魔”という敵を打ち負かしてください。
PR