忍者ブログ

2018/02/22 (Thu)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/01/24 (Sun)
「情報源との距離感があなたの成功の成否に直結する」
日記
情報源との距離感?


いまひとつぴんと来ないかもしれません。


具体的にお話しますね。


例えば、先日リリースされたいくつかのソフトのプライヴェートライセンス付帯の再販売権利商品パックがあります。


このパッケージの値段は日本円で約24万円です。


でも、この中に入っているソフトは翌日には無料か5,000円ぐらいでも手に入ることがあります。
そう、そのパッケージを購入したマーケッターからの購入する事ができます。


あなたは発売元から24万円で購入しますか?それとも発売元から商品を注文した他のマーケターから注文しますか?


この問いへの答えがあなたと情報源との距離感です。


では、答えを見ていきましょう。


あなたが立つポジションにより答えは180度異なります。


もし、あなたがインタネット上で趣味でWebサイトをやっていて一切お金儲けに関心が無い場合、当然、5,000円で発売元ではないマーケッターから注文することが正しい答えとなります。


でも、もし、あなたがインタネット上でビジネスを展開して利益を追求しているとします。
そんな場合は高くても発売元から注文することが正解となります。


なぜ・・・


まず、あなたが24万円で商品群を注文しました。あなたが発売前にすることは?


ヴァイラル効果の埋め込みです。
そう、あなたの名前やURLをソフトに埋め込みます。
そして、ソースコードは自分の手元において完成したソフトだけをマスターリセールライトなどで販売します。そのソフトを注文した人はソフトを改ざんすることができません。

そのソフトが売れるたびにあなたのクチコミ効果が加速します。


いかがですか?情報源(発売元)から遠くなるほど、自分自身が誰か他の人の手駒になってしまうんです。


このことにあなたは気が付いていますか?


よく、英語圏でこんなに安いものを日本で高く販売しているというコメントをする人がいますが、このビジネス食物連鎖の構造を知らないビギナーレベルの意見だと想います。


数日前にわたしが注文した12個のソフトの販売権利は約50万円です。
わたしは常に発売元に近づく努力を最初からしてきました。


もう1つ事例をお話しましょう。


わたしが日本ではじめてランチさせたリセールライト利付きの電子レンジマーケティング倶楽部があります。
この倶楽部はわたしのその他の倶楽部と異なりマスターリセールライト商品を提供しているのでメンバー自身が自分のメンバーシップ倶楽部を開催しようと思えば開催することができます。


あなたは電子レンジマーケティング倶楽部に高いお金を払って入りますか?それとも他のメンバーの倶楽部へ格安で入りますか?


電子レンジマーケティング倶楽部ではブランダーでブレイナーズのクチコミ効果を付帯できるのにしないでメンバーへ提供しているケースが非常に多いです。
それは、クチコミブランダーというソフトを使ってメンバーのクチコミ効果付帯を妨害しないためです。


ですから、電子レンジマーケティング倶楽部のメンバーはソフトさえあれば自分のクチコミ効果を埋め込むことができます。


もし、メンバーの倶楽部から商品供給を受けていたら、そのメンバーのブランド化されたソフトを販売することになります。


あなたの立つポジションにより選択肢は異なります。


いかがですか?
情報源との距離感があなたのビジネスの成否を長期的には分けてしまいます。
目先の安さに目が行くのは当たり前ですが、長期的な成功を考えると情報源との距離をいかに縮めるかが重要なポイントとなります。


いかに情報源に直結できるかがあなたの成功への重要な要因となります。
PR