忍者ブログ

2018/08/20 (Mon)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/01/26 (Tue)
「次世代ウェブとオントロジー」
日記
コンピューターの世界におけるオントロジーとは、もともと哲学用語の存在論から派生して人工知能ジャンルなどで用いられるようになりました。

一言でいうと、「言葉をコンピューターが理解出来るようにする為の枠組み」と表現すると分かり易いでしょうか。


現代のサーチエンジン技術は、現在進行形で目まぐるしい進歩を遂げています。
とは言うものの、現在では、文書内に含まれているキーワードの完全一致と複合的に様々な要素を評価して出力するというもの。


次世代の検索技術にオントロジーの概念が導入さるようになれば、検索制度のレベルはさらに向上します。


オントロジーの概念を簡単に説明すると以下のようになります。

文書、単語を説明する意味情報(メタデーター)の集合体、言い換えると「コンピューターの為の意味の体系」です。


例えば、「りんご」という単語に意味情報を付加していくと


「りんご」同義語「Apple」
「りんご」上位 「フルーツ」
「りんご」属性 「糖度」「高い」

「フルーツ」下位 「りんご」
「フルーツ」下位 「オレンジ」


英語圏では[WordNet]の語彙体系をメタデーターとして取り出せる[WORDNET-RDF]というサービスがあります。
エージェント(機械)は、WordNetが定義している単語クラスの階層構造を辿って意味を把握出来るという仕組みです。

昨今では、コンピューターが自動生成する文章技術の進歩も目を見張るものがあります。

人口無脳による言語学習プログラムの進歩と日本語最大の難関であった単語処理は形態素解析の技術によって、国内における人工知能の研究を次なるステージへとステップアップさせました。
数年以内、いや、現在進行形でコンピューターが勝手に日記を綴るという不思議な世界が展開されつつあります。



コンピューターが綴った日記をエージェントが読み意味を理解する。
それを人が読み価値ある情報と認知される?

人が書いた個性ある文章がコンピューターから排除されてしまう?

まあ、そんな奇妙な事には、ならないと思いますが、、、、、


技術の進歩が世の中を分かり難くしているのでしょうか?


それとも単に喜ばしい事なのでしょうか?


いやいや、技術革新によって実現する次世代ウェブの世界は、人間が本来、求めていた本質に近づこうとしているのだと私は思います。
「共有」「協力」「協調」という3つのキーワードこそ次世代ウェブの成功モデルと言えます。

ネットの世界における貴方の存在意義

それは「コミュニティ」に参加するという事。

それは「コミュニケーション」を大切にするという事。

それは「コラボレーション」を素直に受け入れるという事。


そこには、集合知識がネットワーク全体の質を向上させるという一つの方向性が明確に示されています。
PR