忍者ブログ

2019/06/26 (Wed)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2010/01/13 (Wed)
「リンク誘導 - 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法」
日記
多くの人が、「バックリンクとは、実際的な努力をしてようやく獲得できるもの」という誤った考えを持っています。
他サイトのWebマスターを探し出し、頼み込んで、説得して、やっと手に入るものだと信じているのです。

リンクを獲得する方法はこれだけではありません。


その1つに「リンク誘導」があります。
良質なコンテンツ作成することによって他のWebマスターの注意を惹きつけ、自分のホームページにぜひとも追加したいと思わせる方法です。
あなたのアーティクルを気に入り、どうしても欲しいとなれば、リンクを設定する以外にありません。
あなたは、被リンクをみごと獲得できるというわけです。



リンク誘導とは

リンク誘導は、その概念自体は難しいものではありませんが、実現するのは大変です。

考え方としては、以下の特長を備えたアーティクルアーティクル・ページに掲載するというものです。

1.非常に有益である
2.しっかりとして読みやすい文章で書かれている
3.興味深い内容である
4.アーティクル自体、およびアーティクルが伝えようとしている情報に独自性があり、Webの他の場所では見つけることができない


一般に言われているように、ある意味、リンク誘導は、他のWebマスターを抵当に取るような方法です。
あなたは、他のWebマスターが欲しがっているコンテンツを所有しています。
他のWebマスターたちがその記事を欲しがっていることを、あなたは十分に承知しています。
しかし、記事は与えません。Webマスターがあなたの記事を手に入れるには、あなたのウェブサイトへリンクするより方法がありません。



リンク誘導が有効な戦略である理由

最終的な目的は、オンライン・ビジネスに役立つ自動化システムを確立することです。
現在のように、手間ひまをかけ、リンク・パートナーを自分で探していたのでは、とてもこの目的を達成できません。
必要なのは、良質なリンクという「餌」です。この餌をまいておけば、数日後には多数のリンクを獲得することができます。

これがリンク誘導です。頼みは優良な記事です。
あなたの記事は常にあなたのウェブサイトに存在するので、世界中の人々がいつでも閲覧できます。
その記事に興味のあるすべてのWebマスターが、あなたの記事を選択することができるのです。



リンク誘導キャンペーンに関する重要な考慮点

リンク誘導は「魚釣り」とよく似ています。ただし、釣るのは魚ではなく、リンクです。
獲物は他サイトのWebマスター、ルアーはあなたの記事です。


魚釣りの場合と同様、重要なのは最適なスポットを見つけることです。
したがって、検索エンジン最適化対策が必要になります。

他サイトのWebマスターにあなたのウェブサイトを見つけてもらうには、やはり、検索エンジンを使用するのが一番です。
検索エンジンの結果ページで、あなたのWebページが上位に掲載されるようにする必要があります。

しかしこれは、「PRを上げるために良質のリンクを収集する」というリンク誘導の目的と矛盾しないのでしょうか。

「イエス」でもあり、「ノー」でもあります。

リンク誘導は、PageRankの向上のみを目的とした戦略ではありません。高いPageRankを維持するための戦略でもあります。
高いPageRankは、SEO対策および堅実なリンク獲得対策を通じて実現できます。しかし、こうした対策を永遠にとり続けるわけにはいきません。
そこで、PageRank維持に必要なリンクを簡単に獲得できる、リンク誘導が重要になってきます。

既に、次のようなさまざまな種類の記事がリンク誘導で利用されています。

・報道価値があり、他のホームページが伝えていない画期的な情報
・普及を目的としたユーモラスな記事
・常に需要のある「ハウツー」記事
・既存のパラダイムを攻撃し、斬新な意見を提示している記事
PR

2010/01/12 (Tue)
「リセールライトマーケティングで儲けを最大化する5つの方法」
日記
“最も賢いマインドはもっと何かを学びたいというものだ。”
-ジョージ・サンタヤーナ(哲学者であり詩人)


商品の開発はインタネットマーケッターにとっての一番の関心ごとです。
儲けのアイデアをコンセプト化したりその商品を販売する為のマーケティングプランを法則化することは本当に疲れるタスクです。
残念なことですが、すべての人がライバルを圧倒するコンセプトを湯水のごとく湧き出る才能を持ち合わせているわけではありません。

心配しないで下さい。
リセールマーケティングという日本では新しいビジネスモデルがあるんです。
一言で言えば他の人が作った商品をあなたが販売してその代金の100%をあなたのポケットに入れることが出来るビジネスモデルです。
天才的でしょ。

まずは製品のクリエーターの側からの視点で考えて見ましょう。
例えば彼が10,000円の価値があると想うeBookを書き上げました。
しかし、彼の売上は彼個人のマーケティングキャンペーンに依存します。
もし、彼が何百人という人にマスターリセールライトリセールライト利)付でそのeBookを100人に5,000円で販売したとしたら?
彼は即座に50万円を稼ぐことが出来ます。
もし、彼が彼のeBookを自分自身で販売するマーケティング手法を取り入れたとしたら、この50万円以上の売上を確保することは非常に不確定となります。

さて、今度は再販権マーケッターの視点から考えてみましょう。
彼はマスター再販権を5,000円で購買します。
100人のうちの残りの99人も同じ条件で購入したとします。
インターネット人口は膨大です。
どれだけのインターネットサーファーの目に露出することでしょう。

加えて、再販権マーケッターは他のマーケッターと差別化したさまざまなリパッケージをすることで本来の商品より、より魅力的に見せることが出来ます。
まず、彼は商品とともにその商品を販売権をつけて販売することが出来ます。
2番目に彼は再販権を条件付で提供したりすることも出来ます。(ライセンスによりそういう権利がある場合。)

ここにリセールマーケッターが販売を予定しているあらゆる商品の儲けを最大化する5つのオプションを用意しました。

1. リブランド、リパッケージ、リセール。
もし、リセールマーケッターがその商品のマスター再販権を手に入れたとすると、彼は彼の創意工夫でボックスイメージを新しく作成したり、その他の商品とパッケージしたりしてその商品を全く新しい商品としてしまうことも出来ます。

2. 売買。
再販権マーケッターは儲けの最も基本的な原則である安く買って高く売るということを実現できるんです。事例でお話しましょう。あなたがリセールマーケッターとしてマスター再販権付の商品を6,000円で購入したとします。想像してみてください。あなたが90人のお客さんにオリジナルパッケージに作り直して10,000円で売ることに成功したとしたら6000円の投資で90万円の売上です。いかがですか?

3. 分割配布。
再販権マーケッターは1つの商品をいくつかのコンポーネントに分割して販売したりすることも出来ます。ホームページ雛型などこのように販売することも出来ます。例えば、eBookでしたらライセンスで許されれば各チャプターを分割してメルマガ記事にしたり、ステップメールでのコースの記事にしたりすることも可能です。

4. フリーギブアウェイ
マスター再販権マーケッターが取り扱う商品のライセンス上許されるのなら他の商品の販売価格をアップさせる為のボーナス商品として提供する事も出来ます。また、ヴァイラルマーケティングのツールとして無料配布も出来ますね。

5. オークション。
もし、リセールライトマーケッターが取り扱う商品のライセンスで許されているならば、オークションで最も高くビットした人に販売することも出来ます。商品によっては仕入れた金額以上で販売することも出来ます。


リセールライトマーケッターが儲ける方法はまだまだ無限にあります。あなたの可能性はあなたの想像力の限界に依存します。


リセールライト関係の権利の詳細は下記URLが参考になると想います。
http://www.den4renz-marketing-club.com/faq.html


更にリセールライトビジネスについて学びたい方は次の二冊がバイブルとなるでしょう。
http://www.e-brainers.com/resaleprofit/
http://www.e-brainers.com/rrl/

2010/01/11 (Mon)
「ポッドキャスティングをマーケティング戦略として考えたことがありますか?」
日記
インタネットマーケティングの世界におけるブログのすさまじい影響については誰もがよく知っています。
ブログが持っているその機能によって、ブログは検索エンジンの検索結果でより優位な位置を確保できる強力な武器になっています。
それだけでなく、ブログは簡易版アーティクル管理システムで、簡単にウェブ出版が実現できます。
さらに、ブログにはアーティクルに新たな読者をもたらすことのできるインタラクティブ性を持っています。

しかし、誰もがブログという流行に乗っているだけに思えます。
そのうちにブログの目新しさは薄れ、人々は見向きもしないようになっていくかもしれません。


しなければならないことは何でしょうか?

社会的およびマーケッティングのツールとしてのブログの特別な力を維持するためには、新しいブログ戦術を考え出す必要があります。

その戦術の1つがポッドキャスティングです。



ポッドキャストとは?」

ポッドキャストは、ポッドキャストとブロードキャスティングという2つの言葉の合成語です。
簡単に言えば、ポッドキャストとは、ポッドキャストをブロードキャスティングすることです。

ポッドキャストとは、ラジオショーのように構成した音声を録音したものです。これによって可能性の幅が著しく広がります。
たとえば、インタビューしたり、特定の事柄について自分の考えを話したり、自分だけのラジオドラマを作ったり、自分自身の娯楽番組のブランドを考えたり、作成するものをブログに訪れる人々と共有したりできます。

ポッドキャストは、多くのブログの延長として作られるようになってきました。
ブログを次のレベルに進める1つの方法です。ブログは他のオンライン媒体と比べてより個人的な感じがします。
ポッドキャストは、読者や視聴者が聞く音声、つまりあなたの声に個人的な雰囲気を与えてくれます。



納得!でも、マーケッティングポッドキャストに利用したものは?


ポッドキャストはさまざまなマーケッティングに使用することができます。そのいくつかを見てみましょう。

ポッドキャストは音声のあるe-コースとしても利用することができます。
Download で提供することのできる録音した音声によって講義を行うことが可能です。

ポッドキャストはあなたが販売しているデジタル製品のマニュアルとして利用することができます。

ポッドキャストは、あなたのビジネスの信頼性、また見込客の信用を勝ち得る可能性を向上する適切な証明書として利用することもできます。

ポッドキャストは多くのトラフィック者を魅了し、結果として引き込むための素晴らしい仕掛けとして利用することができます。
たとえば連続ドラマ風のポッドキャストの場合、あなたの音声による冒険の新たな章を聞き逃さないためには、視聴者はブログに定期的に訪れることが必要になります。

ポッドキャストはあなたの製品として提供することができます。
それらを単体で販売することもできるのです。あなたの音声ドラマにアクセスするための購読加入をすすめることができます。
あるいはあなたが作成したポッドキャストの自社ブランドの版権を販売することもできます。

あなたのドラマ内に広告を提供してもらうことによって、ポッドキャストから直接収入を得ることができます。
この良い例としては、www.fruitcast.comがあります。ここでは1、2行の広告を含めた状態のポッドキャストを管理しています。
ポッドキャストダウンロードされるたびに支払いがなされるのです。

ポッドキャストのマーケットは巨大です。基本的には、米国では2、800万人のポータブルMP3プレイヤユーザー、世界中では6、500万人のポータブルMP3プレイヤーユーザーが対象となります。
これらの人々は、ダウンロードし、歩きながら聞くことのできるMO3プレイヤーと同期化する何かを常に探しているのです。
ポッドキャストは、広く提供されている音楽ファイルに対する素晴らしい代替品となるのです。



自分のポッドキャスト作成する方法は?


自分のポッドキャスト生成はさほど難しくありません。
録音デバイスとマイクがあればできます。ご利用のOSには、おそらくすでに録音プログラムが組込まれているでしょう。
録音を編集する場合には、先に録音した音声に音楽を組込むことも可能なサードパーティのプログラムを使うことができます。

ポッドキャストがその役割を果たすためには、.mp3のフォーマットで録音されていることが必要です。

後はウェブホストサーバーにアップロードするだけです。
自分のウェブホストでもかまいませんし、現在人気のあるどこかのファイルストレージウェブサイトでもかまいません。

あなたのポッドキャストを売り出すことが次のステップですが、それはまた別の話にしましょう。

2010/01/10 (Sun)
「プロダクトランチ講座2」
日記
プロダクトランチ講座1ではプロダクトランチの重要アイテムやキーワードに関してお話しました。
今日はプロダクトランチを時系列で捉えるキーワードや考え方についてお話します。

今回も同様にあなたの頭で汗をかいていただく構成になっています。


プロダクトランチを時系列で捕らえる:

1)プレプレランチ
2)プレランチ
3)ランチ
4)アフターランチ


プレとは事前と言う意味です。
もちろんランチは出航とか開始という意味です。
船舶の進水式などのときにランチと言う言葉を使ったりします。


今お話した1~4はどれも大変重要です。
1つ1つについて実例を使い簡単にコメントしていきます:

まずは、下記URLをクリックして実際に昨日ランチしたわたしのホームページをご覧下さい。
アフィリエイトリンクではありません(笑)
http://www.article-site-power-package.com/


1)プレプレランチ

まだ、あなたのランチする商品が何なのかもわからないうちに

1)JV(JV
2)通常のリスト
3)アフィリエイト
4)通常の顧客
5)長期にわたる顧客

の関係者達をあなたのランチに向けて誘導して巻き込むフェーズです。
当事者達は巻き込まれている意識がまだない時期です。

実際、わたしが今回の商品をリリースする事前準備は既に昨年からサービスランチしたヴァイラル記事という記事ディレクトリーのあたりから始まっています。

ハイ!一連の連鎖する流れを事前準備しているわけです。
今回の商品で流れが終わるわけではありません。
まだまだいくつもの商品やサービスが連鎖していくわけです。

このフェーズの構想によりあなたのビジネスが長期的に安定するか、売上総額が高額になるかを決定する極めて重要なフェーズとなります。

再度、“連鎖”というコンセプトと“巻き込み”というコンセプトを頭にインプットして今日のお話をあなたなりに消化してみてください。


無料eラーニングコース“プロダクトランチシークレット”
http://www.product-launch-secret.com/

2010/01/09 (Sat)
「プロダクトランチ講座1」
日記
日増しに増加するマーケター達がそれぞれの商品をランチさせている現在、レスポンス率がどんどん悪化しているマーケッターが多発しています。

新商品ラッシュにあなたが埋没しないためにはプロダクトランチ戦略が必須となります。

何回かにわたりプロダクトランチのノウハウをお話して行きます。
来月にはプロダクトランチシークレットという無料eラーニングコースをランチさせる予定です。


今日はプロダクトランチに関する重要なポイントをお話します。
これらの重要ポイントをあなたの頭の中にインプットしてあなたの頭で汗をかいてください。


プロダクトランチに登場する人々:

0)もちろん、あなた
1)JV(ジョイントベンチャー
2)通常のリスト
3)アフィリエイト
4)通常の顧客
5)長期にわたる顧客


プロダクトランチに関するキーワード:

1)連鎖(連動)
2)巻き込む


プロダクトランチ準備開始:

通常はプロダクトランチの2週間前


ハイ!以上です。
ぜひ、まずはあなたの頭で考えてみてください。


無料eラーニングコース“プロダクトランチシークレット”
http://www.product-launch-secret.com/


2010/01/08 (Fri)
「ブログにおけるread moreの重要性」
日記
ブログの普及は、ネットにおける個人メディア化を急速に早めました。
今や、個人の情報発信ツールと言えば誰もがブログと答えるでしょう


そんなブログの「read more」(もっと読む)についてのお話です。


何の為のread more?


read moreは、アイテム(アーティクル)が長くなった時に途中で区切る為に使われます。


何故?途中で区切る必要があるのか?

あなたのブログをアクセスしたヴィジターが、貴方の最初の記事を見て、もし満足しなかったら、その時のヴィジターのアクションは決まっています。

そうブラウザの戻るボタンやホームボタンを押して別サイトへと、クリック一つで飛んでいってしまいます。
Aさんにとっては、非常に情報価値が高かったとしてもBさんにとっては、とても退屈な情報でした。


あなたは、Bさんが、別のサイトへ飛んでいってしまう時に「ちょっとまって!」と叫ぶ事は出来ません。


Bさんを繋ぎとめる、たった一つの方法は?


一つ一つのアイテム(アーティクル)を一定に保ち区切っていく事です。


なぜ?

貴方は、毎日配置が替わる新聞を読みたいですか?
きっと9割の人が読みたくないと答えるでしょう。

だからこそ、Bさんを繋ぎとめる最良の策は、すぐに2番目のアイテム(アーティクル)を目にしてもらうという事です。

read moreが無ければBさんに退屈なアーティクルを永遠と読ませる結果となります。
Bさんは、二度と貴方のブログには、戻ってこないかも知れません。

2010/01/07 (Thu)
「ブレイナーズ驚異のスピードを実現するチームワークについて」
日記
今日(2007年2月1日)はブレイナーズのちょっとモーケティング倶楽部のランチです。


これだけのアーティクルサイトの設置は、一人では到底短期間に実現することは不可能です。
個人の資質を向上させながらチームワーク力を許可するのは、わたしにとって祈りに近いものがあります。


わたしが部下を教育するときに使う3つの視点についてお話します。


1)使命感
2)業務知識
3)業務遂行能力


この3つが大切です。
特に1)の使命感はタスクのエンジン部分です。この3つの資質を高めながらチームワークとして成果を最大化することが大切だと考えています。


個人でビジネスをされている方は、上記の3つの視点を意識してみてください。
勿論、一人でビジネスをするあなたは経営者ですので、俯瞰的に構築された戦略を用意しなければ上記3つの視点が迷走しますので御注意ください。


どういうこと?


1)使命感
2)業務知識
3)業務遂行能力


だけでは誤った方角に全力を尽くすと言う事態もありえるわけです。
ですから、俯瞰的な視点から構築された戦略(地図)が無ければ悲惨なことになります。


さまざまな登録制、塾などありますが、あなたの選択したサービスを提供しているマーケッターは戦術家ですか?

それとも戦略家ですか?


戦術は分かりやすいし魅力的です。


でも、戦略なくして戦争に勝利することはできません。

2010/01/06 (Wed)
「ブレイナーズ小林正寿より2007年に向けてのメッセージ!」
日記
2006年も、あと1ヶ月を切りました。


インタネットMarketing御臨終でもお話したように全世界的にインタネットマーケットが地殻変動を起こす気配です。


この地殻変動はまさに革命的な変化をもたらすとわたしは推測しています。


2007年からのあなたのビジネスを成功に導くいくつかのヒントをインタネットマーケティング御臨終でお話しましたが、今回の地殻変動は“こんなビジネスモデルが有効”とか“こんな商品が売れる”的な次元での対応では不十分なのです。


例えば、次のような視点が大切です:

1)誰が(お客様?マーケッター?)マーケットの主導権を握るのか?
2)商品開発の主導権は誰が(お客様?マーケター?)握るのか?
3)価格設定の主導権は誰が(お客様?マーケター?)握るのか?
4)ライバルとの係わり合いはどのように変化するのか?
5)マーケット全体の向かう先は?
6)そしてもっと・・・


いかがですか?
ブログの設定法とかタスク的なことは上記のような大きな潮の流れを押さえることに比べれば瑣末的なことなんです。


あなたがベンチマークしているマーケター達はこの視点を持って日々のマーケティング活動をしていますか?

一生懸命全力で、効率的に石炭を掘っても2007年にお金持ちにはなりませんね!石油・原子力などに取って代わられているのです。


2007年はさまざまなサービスを提供するマーケターが急増すると想います。
しかし、箱を用意するのは誰でも可能ですが、重要なのは、そのサービスを運営する主宰者の視点です。


Web 2.0系のサービスも増加するでしょう。
しかし、運営者が潮の流れに逆行するような運営をすれば遅かれ早かれ淘汰の道を辿ることでしょう。


商品とかノウハウに注意を集中する前に時代の潮の流れを読んでください。

ブレイナーズでは無料でWeb 2.0系のサービスを次々と用意して行きます。

まずは、クチコミアーティクル
http://www.viralarticle.com/

次に、レヴューフォーフレンド
http://www.review4friend.com/


そして、まだ現時点だけでも他に3つ用意しています。
全て無料です。
1つ1つに積極的に参加することで来年はあなたのブランド化が強化されあなたのコミュニティーが出来上がるスキームを用意しています。
あなたを慕うコミュニティーに対してあなたの推薦する商品やあなたの商品のことを教えて上げて、感謝されながらプロフィットを獲得できるスキームを出現させようとしています。


勿論、参加者全員が成功するわけではありません。
本物の時代だからです。
しかし、あなたが良質な記事を投入することで確実に今より良いビジネスポジションを確保する事ができるのです。


そして、ブレイナーズは2006年まではテーマパーク構想を最優先にしてきましたが、2007年はより深くあなたと関わる垂直方向の強化を最優先していきます。

まずは、ちょっとモーケティング倶楽部
http://www.cyoto-morketing-club.com/


ぜひ、あなたと2007年を人生最大のチャンスの年にすることを熱望しています。


2010/01/05 (Tue)
「ブレイナーズの小林は自信満々?」
日記
先日ある人に、“小林さんは自信満々ですね”と言われました。
僕は“えっ!”て応えました。


なぜなら、僕はそんなこと意識もしていなかったからです。


決断するときも、うじうじと考え込むことも多々あります。
でも、決めると躊躇無く迷わず行動します。


そんな普通のおじさんが“自信満々”とは・・・


そこで、自分なりに考えて見ました。


僕は自分のことを職人だと考えています。
自分の部屋に篭り、もくもくとやるべきことを繰り返しているだけです。
あるときは作戦を練るために沈思黙考、あるときは翻訳などひたすら淡々とこなしています。


そうすると、派手な場所へ行くことも無く、高級車を欲しくなることも無く、ただ、作業をしながら
喜びを感じるようになります。
部下が成長した姿を見ても喜びを感じます。


そうすると、傍目から観ても気負いがなく淡々と自分の信じる道を黙々と歩んでいるように感じるのかなって想います。


言い換えると、迷いながら迷走していたり、背伸びをして自分をビックに見せている人との違いが“自信満々”に見えるのかなって想いました。


僕の会社は肩書きで呼び合うことはありません。
僕を含めて苗字で呼び合います。


ですから、あなたも自分の信じる道を淡々とひたすら歩むことで相手に安心感を抱いてもらうことができると想います。


自分が全く意識していなかったのでびっくりですが、きっと今お話したことが僕の中で大きな要因なのかなって想いました。

2010/01/04 (Mon)
「ブレイナーズからの情報は絞られていく!」
日記
昨年は一部で御批判を頂くほど電子メールでの告知をしてきました。
わたしから言えば最後の呼びかけだったわけです。

どういう意味?


今後は、ブレイナーズが主宰する倶楽部メンバー、ニュースレター購読者、アフィリエイターなど限られた重要メンバーにしか最新情報を配信しないようになります。
勿論、無料ラーニングコースなどの更新情報はそのメンバーに知らせることは継続します。


ただ、新商品の投入や新サービスの投入時にお知らせをするメンバーは限定されていくということです。


なぜ?


現時点でブレイナーズを信頼していただいている方の先行者利益を最大化するためです。
ブレイナーズが一歩下がるということです。
ブレイナーズは2004年からバズマーケッティングのみで拡大してきました。PPCやSEOなどは一切やらずにです・・・


ブレイナーズでは昨年からブレイナーズのやってきたクチコミプロモーションを誰にでも簡単に実現するクチコミブランダーなどの戦略商品をマーケットに投入してきました。
ブレイナーズを信頼して購入された方はすでにクチコミプロモーションを開始しています。


既にクチコミマーケティングを開始しているマーケターとやっていないマーケッターでは今年の年末までには大きな差が付いています。


ここで質問です:
あなたはブレイナーズに現時点で即、対抗できますか?


ちょっと失礼な質問でしたが、殆どのマーケッターは無理だと想います。
ですから、あなたがブレイナーズが実証済みのクチコミマーケッティングを今から全力投入すればライバルがあなたに対して簡単に対抗することが出来なくなるのです。


クチコミマーケッティングの弱点である“効果が出るまで時間が掛かる”というポイントは同時に“簡単に短時間で対抗できない”というメリットにもなりえます。


2007年あなたが出遅れれば、それは致命傷になることでしょう。


クチコミブランダー
http://www.viralbranderpro.com/

パワーマーケッティングニュースレター
http://www.masatoshikobayashi.com/marketingnewsletter/

2010/01/03 (Sun)
「バックリンクに関する5つの重大な俗説」
日記
サーチエンジンの最適化販促に関して、わたしたちは皆、被リンクの重要性を理解しています。
しかし残念なことに、誤った想定が何年もうわさされていたおかげで、いくつかの俗説が生み出されています。

事実は、一部のリンク方式がサーチエンジンで「レッド・フラグ」(警告用語)と見なされるのです。
具体的な内容がわかれば、それを回避するための対策を立てることができます。


1.開設したばかりのウェブサイトに対して、短期間で何千ものリンクが設定された場合。
新しく生成されたホームページに多数の被リンクが張られている
サーチエンジンはこうした状況を“極めて不自然”であると判断し、“レッド・フラグ”と見なします。

短期間で多数のリンクを獲得するために、リンク・ファームなどの好ましくない手段を使っている可能性があると判断されてしまうのです。
これは、多くの人が信じている、健全な記事マーケッティング戦術とは正反対です。
つまり、できるかぎり毎日、記事を発行する方法です。
取りかかる最もよい方法は、多くても、1週間に2回程度記事を発行することです。

サーチエンジンのレーダーに引っかからないように、被リンクの増加を制御してください。
ただし、このレッド・フラグ(不正行為)は新しいウェブサイトにのみ適用されます。
数年前から存在する古いウェブサイトであれば、多数のリンクが張られていても不思議ではありません。



2.相互リンクはトラブルありませんが、あまりに多すぎるとウェブサイトにペナルティが課せられます。
サーチエンジンは、自分のサイトへのリンクのほとんどが自分がリンクしているWebページからのリンクになっている場合、ページランクを低くします。
サーチエンジンクローラーは巡回パスを嫌います。 また、相互リンクも乱用されがちです。
良質な記事が認められ、本当に必要とされてバックリンクが設定されるのではなく、単に相互リンクするためにだけWebマスターどうしが結託するケースがあります。
また、さらに悪質になると、1人のWebマスターが多数のウェブサイト生成して、自分でリンクを設定するケースもあります。



3.リンク・ページに記載されているリンクは、記事本文に挿入されている関連リンクより評価が低い。
異なる種類のリンクが掲載されているページには、バックリンクを配置しないでください。
目指すべき最もよいことは、アーティクル自体でリンクを設定し、関連キーワードにハイパーリンクすることです。



4.PRが同様に高い複数のウェブサイトで管理されているリンクは、危険です。
ほとんどのWebマスターは、ページランク5以上のウェブサイトにリンクを表示させようと躍起になっています。
しかし、それらすべてのリンクが高ランクのホームページ・グループから張られている場合、検索エンジンは、単に料金を支払ってそれらのリンクを手に入れたと判断します。
ページランクがそれぞれ異なる、さまざまなホームページからリンクが張られるようにしてください。



5.同様に、記述が同じであるリンクもサーチエンジンから嫌われます。 やはり、多様化を目指してください。
リンクをそのままにする場合は、すくなくともそれらの説明は変更してください。
これによって、リンクを設定する場所のWebマスターが、そのページにリンクを表示することを選択したWebマスターであるとサーチエンジンが判断するようになります。

サーチエンジン最適化(検索エンジン最適化)について書かれている内容が、これまで聞いていたことと正反対の場合があります。
これは、ウワサがウワサをよび、事実がしだいにゆがめられてしまうためです。
読んだ内容は経験がもとになっており、ノウハウを身をもって習得したWebマスターによって共有されています。



では、これらのルールは本当に確実なのでしょうか。

つまりこういうことです。 絶対に確実なSEO手法は存在しません。
どのSEO手法も、数ヶ月の実験をもとにした仮説(憶測)にすぎないのです。

私たちが見聞きするルールは推論の結果です。

サーチエンジンの実際の仕組みやアルゴリズムを知っているのは、その検索エンジンの関係者だけです。

そう、SEO手法はすべて推測にすぎません。

あとは、「最も理にかなった手法はどれか」ということです。

2010/01/02 (Sat)
「ニッチマーケットって何?」
日記
ニッチマーケットって聞いたことありますか?


情報ビジネスの行方についてさまざまな人がいろいろな事を言っています。


以前からお話していますが、英語圏ではインタネット上でのお金儲けにフォーカスした情報商材がある程度飽和状態になった後に、隙間商品のマーケットが出現しました。ニキビ、痩身、恋愛など・・・


この隙間マーケットがブレイクするとマーケットが飛躍的に拡大します。
わたしは3年近く前からこの隙間カテゴリーのさまざまなライセンスを買い続けています。


しかし、まだまだ情報ビジネスは安定期に入ったとは考えていません。
自分自身が行き詰るとマーケットが飽和状態だと発言する人もいるようです。


これから、情報ビジネスは実業としてのプロセスを経て成長期へと向かうと想います。
きちんとした商品が生き延びて成長していくと考えます。ニッチ商品は来年以降と考えています。


わたしが言う意味は、特定な少数の成功ではなく、マーケット全体として考えた場合、ニッチ商品はまだだと想います。


では、今は何をすべきか?


ニッチの準備をすることも悪くはありませんが、あなたのリソースの中心はまだ情報ビジネスに置く事が重要だと想います。


また、英語圏でニッチマーケットがブレイクしたあとも、いかにその商材を販売するかと言う情報、ツールのニーズが消滅しませんでした。当然ですよね。


あれやこれや蝶のように手を出す先を渡り歩くのではなく、情報ビジネスの背骨を今年中に構築することが大切です。
流行語に踊らされるのではなくビジネスの本質を見極めて、あなたのビジネスの大黒柱を構築することが大切です。


この大黒柱さえ出来てしまえば、必然的にニッチマーケットがブレイクしても、最初から構築する必要はありません。
モジュール的にあなたのビジネスポートフォーリオに組み込むだけです。

2010/01/01 (Fri)
「トラブルシュートマーケティングって何?」
日記
英語圏のマーケッター問題シューターのシステムを一風変わったユニークな方法で使用しています。


問題シューティングと言えば、マーケッターが顧客に対してヘルプデスクサポートの負荷を減らす目的で使用する方法が一般的です。


このトラブルシューティングのシステムをユニークな方法で使われている事例を発見しましたのでご紹介します。


今回ご紹介する事例はトラブルシューターを自動コンサルティングマシンに変身させてしまうという使い方です。


例えば、「あなたのインターネットビジネスに欠けているものを診断します」という具合にスタートします。


そして質問が繰り返されます。


独自ドメインはお持ちですか?
ホスティングサービスのスペックは?
独自配信型のメルマガを発行していますか?
メルマガは週何回配信していますか?
メールマガジンMarketingのノウハウについて?
リスト収集の仕組みをお持ちですか?
検索エンジン最適化対策を施していますか?
商品ラインはいくつお持ちですか?
商品の量産体制をお持ちですか?
リセールライト利付き商品の入手経路をお持ちですか?


診断結果を表示させる所であなた独自の商品や他のマーケッター、企業が販売する商品やサービスへと誘導します。


日本でも様々なカテゴリーの商品がアフリエイト可能ですから相手の悩みやトラブル点を洗い出した上でその解決策として適切な商品やサービスを紹介して上げます。


こうする事でレスポンス率や制約率は格段に上昇するはずです。
あなたもトラブルシュートMarketingを実践してオンライン収入アップとブランド構築強化を図ってみては如何ですか?

2009/12/31 (Thu)
「ディジタル商品を現物化することを考えたことがありますか?」
日記
ディジタル製品はオンライン読者に提供されます。
ディジタル製品の機能は、簡単に配信でき、コンピュータで利用できる製品、および即座に支払いができる製品を必要としているオンラインユーザー向けに作られています。
ですから、eBookや特別レポート、およびアーティクルだけでなく、ソフトウェアオファリングのようなスクリプトやプログラム、また電子カバーやその他画像のようなグラフィックデザインなどの情報製品には、インタネットマーケッティング担当者のほとんどが常に注目しています。

けれども現状では非常に制約があります。
WWWは巨大ですが、それでも限りがあります。
実際のところ、多くの人々は、手で触れる形のあるものが欲しいのです。
ですから、自分たちの端末に表示されただけの製品には非常に躊躇するのです。
実際に家に持ち帰ることのできるものが好まれるのです。

これが、ディジタル製品を具体的な商品にしようという新たな試みが出現する理由です。
プロセスは考えているほど難しくはありません。


ディジタル製品が常に業界を規定する理由

何年もの間、インターネットビジネスマンは物的製品を提供することを避けてきました。
それには以下のようなさまざまな理由があります。

#物的製品は保管場所を必要とし、すべての企業家がそのような場所を確保できるとはかぎりません。たとえば在庫は家全体ほどの広さを必要とします。そのような広さを提供できなければ、難しい状況になるでしょう。

#物的製品は梱包して出荷する必要があり、そのための資金が必要です。そして、その費用がより高い販売価格となって消費者に転嫁されるのです。より高い販売価格では競争力がありません。

#物的製品は生産にかなりの費用がかかります。1セントも使うことなく(必要なスキルとツールはすべて持っていると仮定して)製作できるディジタル製品とは異なり、物的製品はそのような利点もありません。

#物的製品はいずれは消えてなくなりますが、ディジタル製品はなくなりません。

けれどもパラダイムシフトが起きているのは明らかです。
今日の技術と新しいサービスによって、物的製品はインターネットビジネスでも利益のあるオプションになっているのです。


物的製品で成長するインタネット

ますます多くのインターネットビジネスマンが、ディジタル商品の物理版を提供することによって、より多くの人々にまで行き渡らせることができるということに気づいています。
先に説明したように、多くの人々がまだ手に触れることのできないものを注文することに躊躇しています。
そのような人々に物的製品を提供すれば、その人たちに認めてもらうことができるでしょう。

また物的製品は人から人へ渡すことができるので、見込客にとっては非常に興味がそそられるものとなります。
あなたが販売する物的製品にウェブサイトへのリンクを載せることによって、物理的なものという利点を生かすことができます。
結果は?
オフラインから掘り起こされる直接の訪問を獲得することになるでしょう。


ただし物的製品の作成には制限が多い?

この時代において物的製品を作ることは、以前ほどにはトラブルではありません。
すでに開かれている多くの成功への道があり、物的製品を生産することは、すべてのインターネットビジネスマンにとって実に有利なオファーになっているのです。


どのような成功への道があるのでしょうか。

eBookや特別レポートのような情報製品は、最小限の購入もすることなく必要に応じて印刷することができます。ソルーションはwww.lulu.comを見てください。

#ソフトウェアやスクリプトのようなソルーションは、CDやDVDのようなさまざまなディジタル媒体に保存することができます。

#音声や映像製品はCDやDVDに書き込むことができるため、顧客にダウンロードさせないようにすることもできます。そうでない場合には、このような製品を楽しむためにダウンロードが必要です。


こうした新しい成功への道によって、あなたのインターネットビジネス収益率を上げてくれる新しい戦略が考え出されているのです。

2009/12/30 (Wed)
「タグに関する情報とインタネットマーケターにとってのタグの役割」
日記
タグは新しいキーワードです。
ここで言うタグとは、オンラインコミュニティなどの中で人の手で付けられたキーワードの「記し」の事を指します。

ブログディレクトリ、ビデオリポジトリ、ソーシャルコミュニティのどこにでもタグを見かけます。
タグは多くの場合、阻止内のワードのグループとして示されます。
一番ホットなタグは、大きめのフォント、明るめの明暗度で表示されます。
一方、あまり人気のないタグは、小さめのフォント、薄めの色で表示されます。

しかし、厳密にいうと、タグとは何であり、なぜ注意する必要があるのでしょうか?

タグは単に目新しいだけのものではありません

タグは、サーチエンジンが行っていた機械的なインデクシング(索引付け)と正反対のものとして数年前に導入されたもので、実際のインタネットユーザーが、自身の適切な格付けに従ってコンテンツを正確に分類できるようにする手段です。


サーチエンジンは、インタネット上のすべてのウェブページをかきわけて進むロボットのような小さな生き物である検索エンジンクローラーによって動いています。
これらのクローラーは、検索エンジンがあらかじめ定義したアルゴリズムに従って、ウェブページを索引付けします。

このプロセスは、人が識別することなく、自動的に行われます。
すべて、黒か白かはっきりしていて、グレーのあいまいな部分が入る余地はありません。

したがって、一部のページが誤って索引付けされる可能性がありました。
サーチエンジンクローラーは、結局のところ機械であり、索引付けをしているアーティクルの真の意味を評価することはできないのです。



「タグを取り入れる事がヴィジターにどんなメリットを与えているか?」

タグを使用しているホームページは、人々が、タグで索引付けされている適切なグループに従って、特定のページを分類できるようにします。たとえば、昆虫防除に関するウェブサイトは、アクセス者やウェブマスター自身が「農薬」や「殺虫剤」というタグで索引付けすることができます。
こうすることで、他の人は簡単にそうしたウェブページを見つけることができます。



マーケティングにおけるタグの利点」

タグは、オンラインビジネスマンにとって有益なものになりました。

それには、2つの理由があります。

1.ウェブサイトを、適切なタグの下に格付けすることができます。
こうして、それらのホームページを見なければならない人が確実にそれらのホームページを見つけられるようになります。
さらに、タグ付けシステムに従って、最新版のウェブページが検索結果の一番上に表示されます。

このように、タグ付けは、新しいアーティクルの追加を促進します。また、タグにより、熟練インタネットマーケターは、自分のウェブページを定期更新するだけでホームページをかなりうまく配置できるようになります。


2.タグは、マーケットリサーチの優れたツールとして役立ちます。
ホットタグは、極めて明瞭に表示され、システムは驚くほど最新の状態を保ちます。
ホットタグはリアルタイムで表示され、内部ランキングの変更は即座に反映されます。
したがって、ホットな隙間を探しているインタネットマーケターは、現在一番ホットなタグを調べるだけで済みます。



「タグの応用例」

現在、タグはさまざまな用途で使われています。
タグを研究することで、オンラインビジネスマンはこの新技術を十分に利用するための必須知識を確実に取得し、オンラインビジネスの成功のために利用することができます。


1.タグは、ブログディレクトリで、新たに発行されたエントリを正しく分類するために使われています。

2.タグは、ソーシャルネットワーキングホームページで、同じ興味や情熱を持つ人々が相互参照するために使われています。

3.タグは、マルチメディアリポジトリで、ユーザーが探しているオーディオやヴィデオファイルを簡単に見つけられるようにするために使われています。



専門家によると、数年のうちに、インタネットユーザーが選ぶ情報検出法として、タグがサーチエンジンに取って代わるだろうとのことです。
タグ付けシステムは、人間の能力を利用して実装されているため、さらに確実で信頼が置けます。

また、タグ付けは速い速度で行われます。1ページを正しく索引付けするのに何日も待つ必要はなく、瞬時に行われます。
エントリを発行したことをタグ付けシステムに知らせると、あなたのウェブページはすぐに正しいジャンルに表示されます。

ユーザー参加型のオンラインコミュニティが情報の集積分類に貢献し結果としてサービスの向上に繋がるという好循環を作り出します。
これがウェブニーテンレイの大きな特徴の一つであり、企業の成功モデルとして確立されています。


2009/12/29 (Tue)
「スクイーズページという言葉を耳にしたことがありますか?」
日記
スクイーズページという言葉を耳にしたことがありますか?


スクイーズページを定義してみると:

スクイーズページの唯一の役割は、あなたのウェブサイトトラフィック者のコンタクト情報をスクイーズ(搾り取る)することです。この時に重要なのは、彼らがあなたのセールスコピーを見る前に彼等の名前と電子Emailアドレスを提供することに絶対に拒否できない、催眠術にかかったように、あなたの求めに応じてしまうような説得力のあるピッチを実現することです。


英語圏では極めて強力なオプトインリスト収集手法として大活躍しています。


例えば、あなたが新商品をリリースするとき、普通はダイレクトにセールスコピーへとトラフィック者を誘導しますね。


でも、スクイーズページを使った場合、まずはアクセス者の名前と電子Emailアドレスを入力してもらわないとセールスコピー自体を見せない手法です。


利点としては、冷やかしのお客を邪魔してセールスコピーのコンヴァージョンレートを上昇させるだけではなくリストの構築も実現することです。


リスト登録してくれたアクセス者は、真剣にあなたのオファーを読みたい人々です。何らかの理由で今日、商品を購入しなくても、フォローアップをe-メールで適切に行えば注文者になっていただく確率は高いものとなります。


しかし、残念ながらこのスクイーズページのノウハウについて書かれた電子書籍はまだ見当たりません。そこで、わたしが、無料eラーニングコースとしてマニュアルとスクイーズページのHTML雛型35個を提供する準備をしています。


このマニュアルと35個のテンプレートを誰よりも早く手に入れたい方は下記サイトに登録することをお勧めします。

究極のスクイーズページ:
http://www.squeeze-page-secret.com/


2009/12/28 (Mon)
「サーチエンジンフレンドリーなウェブページの作り方」
日記
アクセスアップの基本は人が読みやすいウェブページの生成を心がける事です。

SEO=機械対策ではありません。

グーグルをはじめとするロボット型サーチエンジンのアルゴリズムは、ウェブページを構成しているHTMLタグを解析して、そのウェブページにどんな情報が含まれているのかをデータベースにインデックスしていきます

HTMLとは、Webページを記述するためのマークアップ言語です。
分かりやすく言うとあなたがいつもネットサーフィンする時に使用するソフト、インターネットエクスプローラーなどのウェブブラウザで表示出来るように記述する為の言語です。

現在では、HTMLタグを一から学習しなくてもホームページビルダーやドリームウィーバーといったウェブオーサリングソフトを使えばワープロ感覚で見栄えの良いウェブページを簡単に作る事が出来ます。

HTMLには、ウェブページを構成する視覚的な表現を記述する為のタグがいくつも装備されています。

・そのページがどんなウェブページであるかを明確にする為のタイトルタグ
・文章の見出しを書く時に用いるタグ、重要な単語を表現する為のボールドタグ
・大事な所は目立つ色や大きめの文字で記述出来るようにフォントというタグ
・その他、ウェブページとウェブページを繋ぐ役割を果たすアンカータグなど

があります。


グーグルをはじめとするサーチエンジンアルゴリズムは、これらのHTMLタグや文脈を解析しキーワード検索された時に良質な検索結果を提供出来るように全てのウェブページをレビューするように作れれています。


今回は、サーチエンジンフレンドリーなウェブページ生成のファーストステップとしてキーワードの正しい使い方についてお話していきます。


あなたがまずやるべき事はキーワードの選定です。
情報を探しているヴィジターがキーワード検索した時に、あなたのページが検索結果として1ページ目に表示されるようになる事が目標です。

キーワード調査ツールを使って、あなたが情報発信するテーマから連想される様々なキーワードを打ち込んで調査を開始して下さい。
月間どれくらいの検索数があるのか?何ページがインデックスされているか?


キーワードが決定したらウェブページの適切な場所に、そのキーワードを含めた形でウェブページを作成します。


1:タイトルタグ

ウェブページのタイトルを記述する為のタグです。ウェブブラウザで表示した時に一番上の青いバーの所に表示されるページ名の部分です。
このページ名に「キーワード」を使った形でタイトル名を作成して下さい。

例:決定したキーワードが「集客」だとします。

タイトル「ネット集客術キックスタート3ステップ」 こんな具合です。


2:見出し

ウェブページの見出し部分にキーワードを含めて下さい。

例:集客術キックスタートStep1

h1タグは一番大きな見出し1を記述するものです。体裁が整わない場合はh2,h3タグを使って少し小さめな見出しにして全体のバランスを整えて下さい。


3:リンク

あなたのページから別ドメインの外部のページにリンクしている事をアウトバウンドリンクと言います。

アウトバウンドリンクの中にキーワードが含まれていると「キーワード」についての情報発信ハブとしてサーチエンジンから評価されます。
つまりヴィジターが求めている有益な情報が含まれている可能性が高いというふうに検索エンジンから見られる事になります。

例:集客ノウハウ総合情報サイトはこちら



このように、タイトル、見出し、リンクの部分に「キーワード」を含める事で、他のウェブページよりもあなたのページが重要評価される確率が格段に高くなります。

2009/12/27 (Sun)
「サイトマップがオンラインビジネスをどのように向上させるか」
日記
検索エンジン最適化(検索エンジン対策SEO)についてはさまざまな意見があります。
多くのWeb制作者たちは、実のところ、オンライン業界の“約束の地”へたどり着くための鍵はSEOにあると見ています。
何といっても、Webサイト訪問の80%は検索エンジンからの誘導です。
80%というデータは、決して無視できない大きな数値です。
このパーセンテージを獲得すれば、それが何であろうと、あなたのインターネットビジネスがWebで成功する確率はかなり高くなります。


そして、その検索エンジンに“気に入られる”ための方法が検索エンジン最適化対策なのです。
検索エンジン最適化対策は実にさまざまです。 私たちのほとんどは、キーワード、キーワード密度、キーワード位置について知っています。
わたしたちの多くは、コンテンツを定期的に更新することの必要性、インバウンドリンクインバウンドリンク)の重要性、リンクポピュラリティの本質を理解しています。


しかし、時代が変われば、検索エンジンの要件も変わります。
現在、最も新しい要件は何でしょうか。サイトマップです。



「サイトマップの概要とその役割」

サイトマップを理解するには、まずXMLを理解する必要があります。
XML(Extensible Markup Language)は、特定の記事をさまざまな受け手に配信できるようにするためのプログラミング言語です。
RSSや、2年前からのブログブームを支えているのがこのXMLです。


サイトマップは、XMLで作成されたホームページのマップです。
ホームページのすべてのページとそのサブページで構成され、可能であれば、各エントリの説明も含まれます。

これが複雑な問題だと思うようなら、Coffee CupやXsiteをはじめとする、今日のほとんどのHTML編集プログラムには、サイトマップを自動的に生成するための機能が備わっていることを覚えておいてください。



サイトマップは、Webサイトでどのように役立つのでしょうか。 答えは2つあります。

1.トラフィック者がウェブサイト内を閲覧する際の道しるべとなります。
探している情報がなかなか見つからない場合は、サイトマップを手がかりにして目的の情報を探してもらうことができます。


2.もっと重要な点があります。サイトマップを使って一度インデックスを設定しておけば、世界で最も広く利用されている検索エンジンGoogleによって、ウェブサイトのすべてのページが巡回されます。
また、新しいアーティクルを公開するたびに、検索エンジン検索エンジンロボットへ即座に通知することができます。



「複雑そうに見えて、 実はいたってシンプル」

サイトマップはXMLが基盤になっているので、そのアーティクルを最も重要な関係者、つまりGoogleに配信されます。
サイトマップがあれば、あなたのホームページ検索エンジンクローラースパイダー)が簡単に見つけることができます。
また、新しいアーティクルを公開したとき、それをすぐに検索エンジンへ通知できます。

実際、サイトマップは、サーチエンジンスパイダースパイダー)に課せられているジョブを実行します。
その分、サーチエンジン側では負担が軽減されます。



「その結果は?」

インデックス処理が高速になり、利用者は、どのページおよびどの記事を分類すべきかをより制御できるようになります。
事実上、サイトマップは、サーチエンジンの結果で上位を獲得するためのより効率的なプロセスを提供します。



「サイトマップの作成

前述したように、サイトマップはこの時代に絶対不可欠なものであるという事実を受け、最近のほとんどのHTMLエディターにはサイトマップ作成機能が備わっています。

Googleは、ホームページにサイトマップを含めることを奨励しており、公式サイトマップ・ジェネレータを提供するサービスを行っています。このジェネレータは以下のリンクで入手できます。

https://www.google.com/webmasters/sitemaps/docs/ja/about.html


もちろん、オンラインで無料で配布されている、その他のサイトマップジェネレータを使用してもかまいません。
これらのジェネレータはコードのみを作成するので、インストールの必要はありません。
作成されたコードをコピーして、ソースコードに貼り付けてください。

Googleでは、これらの無償サイトマップジェネレータ用にディレクトリを用意しています。
よろしければ、以下のサービスも試してみてください。

http://code.google.com/sm_thirdparty.html

2009/12/26 (Sat)
「キラーヘッドラインを作成するための7つのヒント」
日記
「表紙を見ただけは、その本の善し悪しは決して判断できない」と言いながらも、実際には表紙だけで判断しまうことがあります。
しゃれた表紙、とりわけ想像力をかき立てるタイトルを見かけると、気持ちがわくわくし、つい財布のひもをゆるめてしまいます。

映画についても同じことが言えます。
その後、レビューでの評判がよくなかったとしても、タイトルが優れていれば、それだけで数百万のチケットを売り上げてしまいます。

デジタル製品の場合も同様です。

ここでいうデジタル製品とは、記事アーティクル)、eBook、特殊なレポート、販売ウェブページ、さらにはオンラインマガジンを指しています。
これらはすべて文書であり、それを目にした人々が思わず読んでみたくなるような、魅力的なフレーズやメッセージを使う必要があります。

たとえば、このアーティクルのタイトルについて考えてみましょう。
売り上げを伸ばすのも、e-メールの開封率をアップするのも、アーティクルを最後まで読んでみたいと思わせるのも、すべてタイトルしだいです。
ビジネス・メッセージや営業活動では、タイトルが大きな威力を発揮します。

タイトルの書き方にはちょっとしたノウハウがあります。
このノウハウを習得して、文書や販売促進に取り入れれば、大きな手助けになることでしょう。


ここでは、最適なタイトルを考案するための7つの秘訣を紹介しましょう。

1.定型のタイトルを利用する。
時代を超え、世界中の数え切れないコピーライターに利用されているタイトルがあります。その効果が既に実証されているこれらのタイトルは、基本のフレーズはそのままに、それぞれの製品にあわせて多少変更を加えた形で利用されています。迷ったときは、こうした定型のタイトルを取り入れてみましょう。あとは、扱っている製品に合わせて表現を少し修正するだけですみます。たとえば、定番のタイトルには次のようなものがあります。

_________の秘密
長年の研究の結果、___________する方法がついに明らかになりました!
どうして___________________なんだろう、と不思議に思ったことはありませんか?


2.常に関連性を考慮する。
どのような場合でも、タイトルは、取り扱い製品の特長に関連していなければなりません。注目してほしいのは、単なる冷やかし客ではなく、売り上げに直結する潜在客です。実際には取り扱っていない製品やサービスを、あたかも提供しているかのような印象を与えてはなりません。


3.簡潔に表現する。
少なくともタイトルでは、字数の多い単語を使用しないでください。簡潔で発音しやすい語句を選んでください。読み手は、タイトルを心の中で音読します。発音しにくい語句が含まれていると、ユーザーは興味を失い、次の項目に移ってしまいます。


4.好奇心を刺激する。
好奇心は、非常に大きな動機付け要因です。ユーザーの感情を揺り動かすようなタイトルを考案してください。読み手に問いかけたり、衝撃的なメッセージを投げかけたり、意外な統計データを提示したり。読み手が、思わずその先を知りたくなるような工夫が必要です。


5.欲求を抱かせる。
冒頭のタイトルで、思わず行動したくなるような気にさせる必要があります。そのためには、行動を促すきっかけを提示して、読み手の所有欲を刺激することです。たとえば、“不安”や“心配”といった感情に訴えるのも1つの方法ですし、“期待”させるのも効果的です。同様に、虚栄心を刺激する方法もあります。


6.目的を見失わない。
最終的な目的は売り上げを増やすことです。気の利いたタイトルが思い浮かんだら、ちょっと考えてみてください。そのタイトルは、本当に売り上げ増加に役立つでしょうか?

7.タイトルをテストする。
魅力的なタイトルだと思っても、それを読んだ相手が実際に製品を注文してくれるとは限りません。タイトルを製作したら、その効果をテストしてみましょう。現在、さまざまな追跡ツールが用意されています。生成したタイトルを実際にユーザーがクリックして、メッセージを読んでくれるかどうかを確認してください。効果がなければ、タイトルを見直す必要があります。

2009/12/25 (Fri)
「キャッチコピーはお金の掛からない強力なマーケティングツール」
日記
ヘッドコピーは、インタネットマーケターの強力なマーケッティングツールです。
PPC、ダイレクトメール、セールスコピーヘッドコピーなど、ヘッドラインの能力アップは売り上げ上昇に直結します。


私は幸運にも、日々沢山のヘッドラインを書くという機会を与えて頂いています。


ホームページの新着情報やダイレクトメールのタイトルや原稿、セールスレターなどなど。


そんな私がヘッドラインを書く時に注意している事について、お話します。


私はヘッドコピーを書く時に、ある一定の法則に基づきライティングしています。


私はヘッドコピーを考える時必ず文章を3ブロックに分けて考えます。

1.引き寄せ
2.特徴
3.説明


この3つがバランス良く配置しリズミカルなテンポで読めるような文章づくりを心がけています。


1.引き寄せ

読者が瞬間的に目を止めてしまうような注意を引き寄せるブロックです。
「問いかけ」「見慣れない単語」「トレンド」「メリット」「ソリューション」などを使うと効果的です。


2.特徴

商品やサービスの特徴を出来るだけ短い文章でまとめます。
いらない言葉を排除していくタスクがとても重要です。


3.説明

商品やサービスについて必要最低限の情報を読者に伝えます。



それでは、上記3つのポイントを意識しながら商品のヘッドコピー
例を見てみましょう。


例1:Turbo Link Generator

引き寄せ:アフィリエイト報酬を爆発させる最新兵器!

特徴・機能:ブロック出来ないイグジットスクリーンにあなたのアフリエイトリンクを設置するソフトウェアが登場。



例2:CamStudioインタネットマーケターヴァージョン

引き寄せ・特徴:モニター操作のレコーディングがこんなに簡単に!

説明:ビデオ時代の必須ツールが販売権利付きで登場。



例3:HavAds

引き寄せ:あなたのウェブスペースを最大活用する為の最新兵器登場!

特徴・説明:簡単ステップでアフィエリエイトや情報商材の広告ブロック生成



例4:HTMLブランダー

引き寄せ:アフィリエイター支援の最新兵器!

特徴・説明:5つのステップでブランド構築ホームページ生成するソフトウェアが登場。



フリーレポートシークレット

引き寄せ:解き明かされた無料レポートの秘密!

特徴・説明:リスト収集と儲けをシンクロさせ、あなたのビジネスを成功へと導く無料eラーニングコースが登場。



ヘッドコピーライティングは難しくありません。
読んで字の如く相手がキャッチし易いボール(コピー)を投げてあげれば良いだけです。


相手はプロのキャッチャーではありませんので、変化球を投げる必要などありません。
ストレートに相手が受け止め易い普段使っている言葉を投げてあげれば、相手もそれを受け止めて投げ返し(反応)てくれるはずです。